スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あおばとイボ

前回はくだらない 記事にお付き合い頂いた みなさん ありがとうございました。
自分のできる事を頑張って行きたいと思っておりますので 引き続き応援頂ければ 幸いです。

さて アッシュを引き出した翌日 あおばの手術。

今回は お尻のトコロにある 大きい腫瘍と 左右の1番前のおっぱいと 左耳の中にあるイボの摘出手術です。

1436785657446.jpg
1436785678711.jpg

細い子は あっと言う間に麻酔が効くんだけど 神経質なのか 病院嫌いのせいか なかなか 麻酔がきかず、
予定時間を30分ちかく遅れて 始まりました。
1436785712481.jpg

手術は1時間半程かかって 無事に終了。

でも 私の予想に反して 1番大変だったのは 耳のイボ。
なんでも 軟骨の部分からイボが出ていて 軟骨を削りながらの摘出だったそうで・・・。

確かに 耳の治療時は 異常に鳴いていて
「先生 これは 痛かったですよね?」と聞いてみたら 「触ると すごく痛かったと思います。どうりで 僕の顔を見ると 逃げるわけだ」

そう。あおちゃん、病院の待合室でも自動ドアが開くのをひたすら待ち、開いた隙に逃げ出そうと 締りかけたドアにぶつかった事もありました。
「あおばちゃん どうぞ」と呼ばれれば 診察室とは 逆方向に歩き出すこともしばしば。

やっとの思いで診察室に入れても 先生と目が合った瞬間クルっと向きを変え ドアにに挟まった事も・・・。

診察台の上に乗れば 3人 がかりで押さえて やっとこさっとこ 診察終了で 先生も看護婦さんも もちろん私達も フーと額の汗を拭く始末。

術後も思ってた程 回復せず エリカラの上から 壁やドアに擦りつけては 耳の外側もかぶれてしまい 毎日の通院 1ヶ月半。

徐々に 2日おき 3日おき となり やっと 5日に1度の治療となりました。

まだ 完治まではいきませんが 前みたいに治療しても 鳴かなくなり 痛みは 取れたと思います。

良かったね。あおちゃん。

ただ、あんず・あおばと耳のイボに悩まされた先生から 一言。
「次に引き出す子は 耳にイボがない子にしましょうねっ!!」だって。。。

前もって 分かれば 苦労はないと思うけど 引き出しが できるタイミングの時に イボがあっても 腫瘍があっても きっと引き出してしまうと思うので 先生には 「また イボがあったら お願いします」と言っておきましたよ。


あおばの完治を目指して ポチッと お願いします。
                        にほんブログ村 犬ブログ 犬 4頭飼いへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キューピー号

Author:キューピー号
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あし@と追加
あし@
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。