スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その棒の先にあるものは

147.jpg
2度目の譲渡会に出向いた 私達。1番手のえり坊が棒を引きおわる前に 「やった~!!!」っと声があがり
他の方の棒が赤かった・・・
申し訳なさそうに 私達のトコへ戻ってきたえり坊。「はずれちゃった↓」
「大丈夫!まだチャンスはあるよ!」と私自身にいいきかせ
(残念だったけど あの子とは縁がなかったんだぁ~)と切り替えて・・・次に

6番7番と 女の子。この子達は 私が目をつけている子と姉妹。出てくる順番は知らされていないけど
同じ家の子は同じタイミングで来るから 次かその次に来るはず。
6番 7番も希望者が2人で すぐに決まり、「次の子は~・・・」と来た~!
4兄弟で唯一男の子。全体的に茶色で白が混じって 所々黒。
「飼い主さんから一言ありますので・・・」「えっ!何!)「来る途中の車の中でこの子だけ吐いてしまって 
緊張しているのか車酔いなのか・・・そのあたりご理解いただいたうえでお願いします。」
(かわいそうに。だったら尚更つれて帰る!)と変な意地?が。
私 小さいころから逆境がある方が燃えるタイプでして。
「では、あらためてこの子を希望される方は 前に~」

前にでたのは 私を含めて8人。
男の子だからか?みんな私と同じ性格なのか? いずれにしろ8分の1。
本日2回目のくじ引きのはじまりです。

「ではみなさん 準備はいいですか?」「ちょっと待ってください。」
8人なのに棒は7本しか入ってない。
係の人が 1本持ってきて 仕切り直し。
私は7人が棒を手にしたのを 確認してから 誰の手もかかっていない棒をもったのでした。



                      次回へつづく~
                              ポチっとな!
スポンサーサイト

109.jpg

初めての譲渡会から約2か月。今度は隣の×2 K町での譲渡会があると聞いて、懲りもせず出向いた私達。

k町の役場に着くと今回はワンちゃん 沢山います。受付を済ませて暫くすると、説明がはじまりました。
「お目当ての子が出てきたら、ここに来て下さい。複数の場合はこちらのくじ引きになりますので・・・」って
手には竹筒を持っていて、中に入っている棒の先端が赤く塗られているのが‘あたり‘と言う昔ながらのくじ引き。
「当てられた方は、次のくじ引きには参加できませんので。」ざわざわと会場内。(えっ!じゃあ 外れた場合は?)
と心の声が聞こえたのか 「はずれてしまった方は何度参加されても かまいませんので。ただし1家族 犬猫どちらか1匹でお願いします。」

それを聞いて私達4人 1人ずつ別々の子を選び、2度目の譲渡会にいどみました。


1番目のワンちゃんが正面に出てきて いよいよ始まりです。
「このワンちゃんをご希望の方はこちらにお越しください。」の掛け声で小学生の男の子と若いお母さんの2人が前に。。。「ほかにはいらっしゃいませんか?」。・・・「ではお2人のようなので、じゃんけんで。」

(えっ じゃんけん?くじ引きじゃないの?」とも思ったけど(2人でくじ引いても仕方ないな。)
1回戦目 男の子がうれしそうにワンちゃん抱いていました。
つづいて 次のワンちゃんが出てきて また2人。(これはもしかして いけるかも)なんて なんの根拠もないのに 勝手に自信がわいてきたぞっ!

3番 4番共に2人。次はいよいよ娘、えり坊の希望する黒いコロコロの男の子の番に。
「次はこのワンちゃんを・・・」のアナウスが流れると なんと8人もいるではありませんか!
1番~4番までは みんな女の子だったので うすかったのかな?
でも‘縁‘を信じて がんばれ~えり坊!!!

やっと竹筒の出番がきて 各自棒に手をかけて みんないまにも引出しそうです。
「まだ ひかないで下さいね。みなさん 持たれていますか?」ウンウンとみんな頷き
「では いっせいにひいて下さい。」

はたして えり坊の棒は 赤く光っているのか?

                           
                          次回へつづく~
                             ポチっとなっ

長男  アグルプロフィール

155.jpg

前からワンちゃんが欲しいと思っていた 私たち家族。
町の広報で地域の獣医さんたちが、里親探しの譲渡会を開いている知り 早速会場へ。

隣のN市のゴミ焼却場へ着いて 沢山の人が来ていて ビックリ!!!
しかも この日わんちゃんは2頭しかいない。。。
でも来たからには 絶対つれて帰るぞっ!と、いきごみながら受付をする私達に係の人が[抽選になりますので
ご希望の子の番号のついた箱に入れて下さい。]

『えっ!抽選なの?』とまたビックリ。
よくよく見ると ワンちゃんも猫ちゃんもみんな番号札がかけられているではありませんか。
家族4人で話合い 茶色の男の子の箱へ。 

時間になり まずは猫ちゃんから~
「1番の猫ちゃんに選ばれたのは、○○からお越しの××さんに決まりました。」と拍手がおこり
嬉しそうに猫ちゃんを引き取りに来る家族。 たまたま知り合いも来ていて みごとに猫ちゃんをGET!

いよいよ私達の希望するワンちゃんの番がきて、思わず両手を握って家族みんでお祈りポーズ。
祈り虚しく、あっけなく撃沈。。。
人生初の譲渡会は 残念な結果で 幕を閉じたのでした。


                          次回へつづく~
                             ポチっとな!

主人公たちの紹介

ブログの主人公

はじめまして。
少し時間ができたので、ブログやりたいなーとPC初心者のわたしですが、子供達に教えてもらいながら、犬たちの生活ぶりを紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

某ホームセンターで買い物中の(左から)ミニピンのアレックス。MIX犬のアグル。そしてアメコカの月子です。

この3頭が主に登場します。お楽しみに。。。
プロフィール

キューピー号

Author:キューピー号
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あし@と追加
あし@
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。